ウェルカムのスペース

自分の内側に、
相手の人をウェルカムと歓迎する
スペースを持つことは
実は、相手の人だけじゃなく、
自分自身を満たすことでもあると思います。

私と母の体験

セラピーを受けて自分自身の課題が
少しずつ癒されてくると、
不思議なもので、家族との課題にも
変化が生まれてきます。

今日は、私の体験について
お話してみます。

母が膝関節の手術を受けて
入院していたときのこと
お見舞いの時のふとした会話で、
長年の ”謎 ”が紐解ける出来事がありました。

実は私は、子供の頃から
母にきちんと話を聞いて貰っている
感覚がありませんでした。
その為か、子供の頃とても早口でした。

学校から帰宅した時も、
母は不機嫌なことが多くて、
寂しい思いをすることが多かったのです。

セラピーのトレーニングを受けて
そのことの気づき、
母に『きちんと私の話を聞いて欲しい』と
何度も伝えたことがあります。
(私は主人と私の母の3人暮らしなので
簡単にそれができるのです。)

それでも、母は何故かいつも
私と話す時は身体を斜めに逸らして座り、
途中で私の話を遮ることが多かったのです。

これは、私にとっては辛いことでしたし、
長年の不思議でもありました。

その日は、何気なく
セラピーのトレーニングで感じたことや
起こったことを話していた時、
急に、母が言いました。

『母さんは、今入院していて、
由子の話をちゃんと聞けて
良かったと思うの。
家にいると、あれもこれも
やらなきゃいけないって思って、
ゆっくり由子の話が聞けないのよね。』

そして、また急に

『子供の頃ね、
“ただいまっ”て、帰っても、
誰も答えてくれないっていう内容の
俳句を作ったことがあったわ。』

初めて聞く話でした。

私の母は、
生まれて半年で、母親と死別しています。
母に尋ねてみました。

『母さんは子供の頃、
家に帰っても誰もただいまと
迎えてくれる人がいなかったの?
“こんなことあったよ”、
“あんなことあったよ”
と話を聞いてもらったこともなかった?』

母 『なかったなぁ』

私 『そうか・・・
おかえりって、言って欲しかったよね』

『今、ただいまって言ってみて!』

母 『ただいま』

私 『おかえり』

母 『ただいまぁ~』

私 『おかえりぃ~』

母 『ちょっと!!

こんな所で、母さんを泣かさんとってよ。』

 

母 『・・・・・・・ありがとう。』

 

このことで、私の中でも色々と
繋がってきました。

何故、母がいつも、
私が帰宅した時不機嫌だったのか。

子供の頃、私がその日あったことを
あれこれ話しても、
すぐに話を遮ってしまうのか。

人は、
手に入れることのできなかった
未完了のテーマがある時、
無意識的に色んな反応
起こってしまうんですよね。

大切にしたい想い

誰かに、
ウェルカムと迎えて入れて貰える体験って
本当に大切なことだと思います。

生まれた時

家に帰った時

新しい環境に飛び込んだ時

自分の存在を、
暖かく受け入れて貰える体験は
人に力を与えますよね。

私がセッションをする時には
この、ウェルカムのスペース
大切にしたいと思っています。

私が、
多くの人から受け入れて貰って得た
嬉しさや暖かさ安心感循環させる
スペースを持てたら、
とても幸せだと思っています。
だって、私が長年欲しかったものですから。

無料メール講座

ライフ・アート・レッスンのエッセンス
をギュッと凝縮したメール講座です。
是非手に入れて下さい。
日常生活にも役立つと思いますよ。

希望はきっとある
無料メール講座で【おうちセラピー】
始めませんか?

御登録はこちら!

『 深くて温かくて、励まされます』
『 言葉では伝えられないけれど何かが変容しました』
『毎日眠る前にマインドフルネスの動画をみています。涙が流れる時もあります。』
『キャンサーサバイバー以外の方でも大事なことだと思います。』

などのご感想をいただいています。

虹癌になる前よりも もっと幸せになる ラブラブ

御登録いただきましたら、私にメールで繋がることができます。
無料メール相談も受け付けています!