抗がん剤の脱毛、落ち込み~セッションに出掛けるたび、人と接する事が怖くなくなっていきました

SIさま 40代女性

SIさまは乳がん体験者です。
もともとはアクティブな方ですが、
抗がん剤治療を受けて脱毛し、
外へ出る気力もなくなってしまって、
私のセッションを受けにこられました。

~*~*~*~*~*~*~
セッションに出掛ける度、
人と接する事が怖くなくなっていき、
以前と同じように生活できる様になっていきました。

病院では病気の治療はしてくれますが、
心の治療はしてくれません。
セッションを受けて行くと、心が軽くなり
本来の自分に戻れます。

~*~*~*~*~*~*~
*得られる結果には個人差があります

SIさまのご感想はこちらから読めます

 

がん発病後の心身や人間関係の変化~気づけば私は少しずつ変わっていました

HFさま 50代女性

HFさまはがん体験の後、
心身や周りの人との関係にも変化があり、
自分自身に向き合う必要を感じて
セッションに申し込まれたそうです。

 

~*~*~*~*~*~*~
由子さんに寄り添っていただき、
長い長い心細いトンネルを
くぐってまいりました。

怒り、悲しみ、嘆きを吐き出しながら
小さな希望や楽しみを見つけて
癒されていくこの半年は、わたしにとって、
かけがえのない経験になりました。

正直、変容って何? 無理!って
思っていたのだけれど、
気づけばわたしは少しずつ
変わっていました。
~*~*~*~*~*~*~
*得られる結果には個人差があります

>>HFさまのご感想はこちらから読めます

 

がんをきっかけに心地よいスペース作り~止めていたのは家族じゃなくて自分でした

FIさま 40代女性

FIさまは子宮がんを体験されたあと、
ご自身もセラピーを学ばれながら、
私のセッションに申し込まれました。

その頃は、セラピーを学んでいることを
ご主人に言い出せなかったそうです。

~*~*~*~*~*~*~
出会ったころは、ガン経験者の方のブログを
読みあさっていました。

おどろおどろしいブログの中で、
由子さんのブログは爽やかでした。

由子さんのカウンセリングは、
カウンセリングというかセッション系で、
絵をかいたりコラージュをしたり、
受け身の苦手な私には合っていました。

そのカウンセリングで自分の気質のようなものが、
はっきりとわかりました。

火と水、赤と無色透明。
私自身というかテーマというか・・・

それに気づいてからは楽になり動くことも楽しくて、
悩んでも引きずることが少なくなりました。

 

旦那さんが継いだこの家、
子供たちが育ったこの家で、
こうして好きなことをすることに
自分で許可を出して覚悟を決めました。

止めていたのは家族じゃなくて自分でした。

いつもとりとめのない話を由子さんに
聞いてもらい、ありがたく感謝しています。
~*~*~*~*~*~*~
*得られる結果には個人差があります

>>FIさまのご感想はこちらから読めます

 

自分を認めるきっかけ~課題はあっても自分でいいと心から思えました

C様 40代女性

C様は、乳がん体験者です。

現在、大阪の岸和田市で
乳がんサバイバーさんのための
ヨーガクラスをされています。

~*~*~*~*~*~*~
セッション後2日経ったとき
運転中に、唐突に
以前抗がん剤治療中とてもつらかったときに
自分の中のもう一人の自分。
うにちゃんって、名前をつけて
毎日、必死で、対話していたことを
思い出しました。

そうしたら、急に泣けてきました。
今は、自然に必要な時には
出てきてくれるようになりました。

これでいい。
いろいろと、課題はあっても自分でいい
と心の底から思えました。

母とのこと、ふと気づけば、してもらったこと
よく思い出すようになりました。
~*~*~*~*~*~*~
*得られる結果には個人差があります

>C様のご感想はこちらから読めます

他のお客様の声はこちらから

>>他のお客様の声も読む

 

>>お試しセッションのお申し込み

>>無料メール講座のお申込み