こみ上げてくる想い

私はがんを体験したとき、

相当ショックを受けたんですけどね・・

 

自分の中にね、

色んな感情がこみ上げてきました。

 

やっぱり、

自分の命に終わりがあることを

ありありと意識したからかなぁ・・

 

『残りの人生を豊かに

満たされて生きたい!!』

 

そんな、

とてもとても強い、

突き上げるような想い

湧いてきました。

 

それと同時に

 

悲しさや 寂しさ 悔しさ 恐怖などの

心の痛み そして 切なさもありました。

 

私はがんになって、初めて

【切なさ】を知った気がする。

 

 

あなたは、どうでしょうか?

今、心の中に、どんな想いを

抱えておられるでしょうか?

 

 

今日は内側に

【どうしようもない痛み】

【誰とも共有できない痛み】

を抱えた方に、メッセージを送りますね。

 

心の痛みは
【美しさ】や【尊さ】に繋がる扉

私は思うんです。

 

心の痛みってね、

実は、

生きることの本質的な

【美しさ】や【尊さ】

繋がる扉なんだと思う。

 

 

ん?? 何言ってるの?って思います?

 

あ、確かに、この文章だけだと

あまりに唐突すぎますよね

 

でも・・

とても大切なことだから

今日は、私が大好きな本から逸話を

紹介しながらお伝えしますね。

 

がんになってから

生と死に関する本

読むようになりました。

 

その中で私が、

最も心を動かされたのは

エリザベス・キューブラー・ロスの本

『人生は廻る輪のように』でした。

 

キューブラーロスは、

チューリッヒ出身の精神科の女医です。

 

それまでタブーであった死について踏み込み、

死を目前にした患者さんと対話を続けてきた、

生と死のパイオニアです。

 

彼女が開催した

『死とその過程』ワークショップは

多くの非難や抵抗にあいつつも

死にゆく人を前に、

どのように関われば良いのかに悩む

医学生、神学生や牧師、看護師、

ソーシャルワーカーなどで

いっぱいだったそうです。

 

 

そう・・・それで、話を戻します。

心の痛みが、本質的な

【美しさ】や【尊さ】に繋がる扉

だということ。

このことを感じさせるお話を

2つ紹介したいと思います。

 

 

1つめは

死の床にいる人々を癒した
黒人清掃作業員の話

病院で働く、

黒人の女性清掃作業員のお話です。

貧しくて、目立たない存在。

 

しかし、

死の床にある患者の部屋に

その女性が行くと、

患者の表情があきらかに変化している。

 

そのことに、この本の著者

エリザベス・キューブラー・ロスは

気付くのです。

 

そしてこの女性の後をつけていき

病室でいったい何をしたのか、

話を聞きだしたそうです。

 

 

その秘密は・・・

 

 

 

この女性は貧困の中

3歳の息子を肺炎で亡くした

経験があったこと。

 

彼女にとっては、

死はなじみ深いものでした。

だから、死が近い患者さんのそばで

【死は怖いものではない】

話しかけることができた。

 

患者さんはそのおかげで

とても落ち着くことができたんです。

 

これは、大切な人が死にゆく瞬間を

見守りながら生き抜いた人だからこそ

できる偉業だと、私は思うのです。

 

もう1つの印象深い話は

重症のがん患者を担当していた
腫瘍科の医師のお話

この腫瘍科の医師は

患者さんが治療に反応しないとわかると

口汚くののしるのです。

あきらかに問題ありの医師です。

 

しかし、この医師の精神的な苦悩に

気付いたナースがいて・・・

 

この医師は、

他の医師が帰宅したずっと後

夜中に、病室をひとつひとつ

回っていくのです。

 

 

病室から出てくるたびに、

だんだん猫背になって

打ちのめされて・・・

 

 

この医師がその後、

どんな素晴らしい変容をとげたかは

是非、本を読んでいただければと思います。

 

・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

【心の痛み】があるということは、

その奥に【愛】があるということ

 

愛することには

必ず【痛み】というリスクが伴う

 

 

生きることも同じ

楽しい、嬉しい、ワクワク だけ

というわけにはいかない

 

怒り、悲しみ、寂しさ、

悔しさ、切なさ

それらをひっくるめたのが

生きるということ

 

 

そんなあらゆる感情や想いを

全身全霊で感じながら生きる姿って、

とても美しく尊いと私は思います。

 

 

心の痛みは、実は、

生きることの本質的な

【美しさ】や【尊さ】に

繋がる扉

 

 

今日の記事が、

心の内側に

【どうしようもない痛み】

【誰とも共有できない痛み】

を抱えた方の気づきとなれば幸いです。

ありがとうございました。

体験セッション

>>メールフォームでのお申込みはこちらから

 

>>お電話でのお申込みはこちらから

>>メールでのお問い合わせはこちらから

無料メール講座

御登録はこちら!

『 深くて温かくて、励まされます
『 言葉では伝えられないけれど何かが変容しました』
『毎日眠る前にマインドフルネスの動画をみています。涙が流れる時もあります。』
『キャンサーサバイバー以外の方でも大事なことだと思います。』

などのご感想をいただいています。

虹癌になる前よりも もっと幸せになる ラブラブ

御登録いただきましたら、私にメールで繋がることができます。
無料メール相談も受け付けています!