病まなかったらわからなかった恵がある

この言葉、とても響きませんか?

私にお便りを下さった方が
教えてくれた言葉です。

この方は、教会の牧師さんから
この言葉をプレゼントされたそうです。

病む    河野進

病まなければ
聞き得ない慰めのみ言葉があり
捧げ得ない真実の祈りがあり
感謝し得ない一杯の水があり

(中略)

下り得ない謙遜の谷があり
登り得ない希望の山頂がある

 

『ぞうきん』という河野進さんの本に
収められている詩です。

癌という厳しい病を体験したからこそ
感じられる感謝や喜び、
祈りってありますよね。

 

当たり前にある幸せや愛

35歳でがんになった直後の5月
私は新緑の美しさに
始めて涙を流しました。
緑がお日様にきらめいて
輝いていました。

それまでの私は
ひどいワーカホリックで
休むことができず、
身近にある自然の美しさに
気付いてすらいませんでした。

がんになり、
命が有限であることを感じ、
私ははじめて立ち止まり
周りを観ることができたのです。

 

~*~*~*~*~*~*~*~*

私の旦那さんは肺がん宣告を
受けたことがあります。

PET検査の胸の写真は
9cmにもわたって光り
もうダメかもしれないと思いました。
そのとき私は、私にとって彼が
どれほど大切な存在であるかを
実感したのです。

それまでの私は、
自分の想いをぶつける一方で
彼に感謝し、彼を信頼することが
できていませんでした。

彼のがん宣告を通じて、
私はパートナーシップの在り方を
あらためて見直したのでした。

おかげさまで彼の胸の光は無事に消え
この出来事を転機に
彼は自然療法家として
私は心理セラピストとして
二人でクライアントさんをサポートする
夢を実現しています。

~*~*~*~*~*~*~*~*

私たちは、
当たり前にある幸せや愛
すぐ忘れてしまって、
つい不平不満を言いがちですよね。

癌になることは、
そんな状態からハッと目覚めさせてもらう
チャンスかもしれませんね。

自分の周りのなにげない幸せや、
愛おしい人達のこと
大切にしていきたいですね。

無料メール講座

ライフ・アート・レッスンのエッセンス
をギュッと凝縮したメール講座です。

大丈夫!もっと心が満たされる
メルマガで体験談お伝えしています
御登録はこちら!

『 深くて温かくて、励まされます』
『 言葉では伝えられないけれど何かが変容しました』
『毎日眠る前にマインドフルネスの動画をみています。涙が流れる時もあります。』
『キャンサーサバイバー以外の方でも大事なことだと思います。』

などのご感想をいただいています。

虹癌になる前よりも もっと幸せになる ラブラブ

御登録いただきましたら、私にメールで繋がることができます。
無料メール相談も受け付けています!

 

対面での体験セッションのお申込み

>>メールフォームでのお申込みはこちらから

>>お電話でのお申込みはこちらから

>>メールでのお問い合わせはこちらから