玄侑宗久さんと 土橋重隆さんの対談本
『死と闘わない生き方』を
読んだことありますか?

私はこの本に出会ったとき、
私が考えてたことがそのまま書かれている!
とホッとしたんです。

私の中にあった違和感

実は私、2005年に
がんになった当時から、
『がんを排除する』という考えに
違和感がありました。

何故でしょうね・・?
深い所まで自分の心理を突き詰めると
わからなくなりそうですが、

がんは元々自分の細胞だった。
ということが大きいと思います。

そして、がんを手術で切除しても、
放射線で焼いても、抗がん剤で叩いても
100% 大丈夫ってことにはならない。

さらに、どんなに頑張って治療して
生き抜いても、年をとれば
いつか人は死ぬという事実。

そんなことをぐるぐる考えていると

いったい我々人類は
ナニをヤッテイルノダ?

みたいな、
SFムービー的な気持ちになったんです。

(あっ、ちなみに私は
三大療法否定派ではありません。
私自身も三大療法を受けました。)

いのちの意図

人間も生命です。
私は科学を学ぶ中で
卵子が受精して分化しながら成長し、
最後に個体として生まれてくるまでの
精緻なしくみや、

細胞が分裂する際に働く無数の分子や、
それらが織りなす見事な反応ステップに
神秘と驚異を感じてきたのですが、

受精卵の分裂

人類の進化や、
生物が生まれて死んでいく営みには
なにかとても合理的な法則や、
個体を超えた大きな意図があるに違いない。
そう思います。

ではいったいなぜ、私たちは、
がんみたいな命に関わる病気になるの?

個体を超えた大きな意図。

生きる ことと 死ぬ ことを超えて、

生命が意図することって何?

 

それは、個体が滅びても
消え去らないものであるはず・・・。

私が自問自答の末、行きついた答えは

『精神性の成長と拡大』でした。

・・

・・

・・

なんだかとっても壮大なことを書いちゃって
自分でもどうまとめようかと、
汗が流れ始めています・・(頑張ろう!)

このことを
自分たちの人生にまで引き寄せてくると
結局、私たちは、

成長するためにがんになったのではないか?

と思うのです。

がんをどう受け止めるか?

私は、がんは
神様からの罰として与えられたものとは
思っていません。

 

子供の頃一番違和感があったのが
『地獄』の概念。

なんで神様ほどの人が、(人じゃないか?)
わたし達を裁いたり、罰を与えたりするの?
なんか根本的にヘン。

個体を超えた意図をもつほどの壮大な存在が、
人を裁いたり罰したり
そんなチッポケなことをするだろうか?

んなわけないよ!と私は思うんです。

いのちは、生まれたら自然に成長するように
プログラムされています。
太陽も水も土も、生きることに必要なものは
すべて無償で与えられています。

気持ち良さそう♪

そんな風に、
生きることを前提とした環境にいる私たちが、
がんという病気になるとしたら、それは・・

いのちの流れから外れているよ、戻ってきて。
というお知らせか(フィードバック)

個をこえて果たすべきお役目があるのか・・

いのちは消えてなくなるものではなく、
循環するものと私は考えています。

あなたは、どう思われますか?

私の自問自答、個人的な考えに、
お付き合い下さり
ありがとうございました。

 

PS.冒頭でご紹介したのはこの本です

『死と闘わない生き方』玄侑宗久 土橋重隆

(注)『生きる 死ぬ』という水色の単行本を
改題して携書化したものです。

無料メール講座

ライフ・アート・レッスンのエッセンス
をギュッと凝縮したメール講座です。

大丈夫!もっと心が満たされる
メルマガで体験談お伝えしています
御登録はこちら!

『 深くて温かくて、励まされます』
『 言葉では伝えられないけれど何かが変容しました』
『毎日眠る前にマインドフルネスの動画をみています。涙が流れる時もあります。』
『キャンサーサバイバー以外の方でも大事なことだと思います。』

などのご感想をいただいています。

虹癌になる前よりも もっと幸せになる ラブラブ

御登録いただきましたら、私にメールで繋がることができます。
無料メール相談も受け付けています!

 

体験セッション

>>メールフォームでのお申込みはこちらから

>>お電話でのお申込みはこちらから

>>メールでのお問い合わせはこちらから