よくガンになった人に

『頑張って!』って言ってはいけないと、

いわれますよね?

 

あなたはどう思いますか?

 

実際に・・・

*言われたくないですか?

*言われて嫌だった?

*言われても平気だった?

どうでしょうか?

 

『頑張って』という言葉の響きは

言う側と言われる側 双方の組み合わせに

よるのかなって私は思うのです。

 

『頑張って』が気持ちよく成立するケースは、

こんな感じでしょうか。

言われる側:夢や希望、望みに向かっている
言う側:純粋に応援したい気持ち

 

スポーツ選手の応援はこれですよね。

 

病気ではなかなか難しい・・

・・・・ですよね?

 

 

ここで真逆の場面を

 

こんなケースはどうですか?

大きなショック体験があり、

落ち込んでいるとき。

 

告知って突然やってきます。

言われる側:落ち込んで辛い状態
言う側:どう声をかけたら良いかわからない
(絵が軽くみえたらごめんなさい)

 

本当に辛いときに、

どのように関わって欲しいかは

人それぞれ違います。

 

*一緒に笑い飛ばし元気づけて欲しい人

*誰かにそばで寄り添って欲しい人

*ある程度回復するまで一人でいたい人

 

本当に色々。

一人の人の中でも色々変化する。

 

相手の望みがわからないから、

言葉をかける側も迷いますよね。

 

そして、

自分がして欲しいように関わって、

意図せず相手を傷つけてしまって

 

怖くなった・・

 

という方もいるかもしれません。

 

 

だけど、多くのがん体験者は

いつも通り普通に接して

もらうことを望んでいます。

怖れずに声をかけるのが正解

と私は思います。(*^^*)

 

 

こんなケースはどうでしょう?

言われる側:重荷を背負っている状態
言う側:自分は関係ない(社交辞令)

 

このパターンが、

一番腹ただしいのかもしれません。

自分だけ取り残された感じがする。

 

こうやって去っていく人も確かにいます。

これはもう、割り切るしかないです。

 

そしてやっぱり

困った時に声をかけて

もらえるのは心強い

ありがたいですよね(*^^*)

 

そして

言われる側も注意点があるなって思います。

 

この『重荷』・・・・

“自然な重さ”なら、

自然に助けがもらえます。

 

ただ・・・

“一人で重~く”なってしまったり、

“重いんだよアピール”になっちゃうと

“重い人”になって人は離れていく。

 

気分が凹んだときは要注意ですよね。

 

そんな時は

深呼吸してリラックス

マイナスのスパイラルに入っているなら

出よう出ようと、もがくより、

太陽の光を浴びて

ゆったりと

暖かさや緩んだ感覚に

繋がる方がいい(*^^*)

 

 

じゃあこんなケースはどうでしょう?

ブラック企業の光景みたいですが・・

これはやっぱりイヤだよなぁ。

 

『病気になったのは自分が悪いから・・』

と自分を責めたり、罪悪感があると、

こんな感じになりやすいかも?・・

 

自分の中の罪悪感を

外に投影してしまうこともある。

 

だけどこんなのヘンですよね?

もし心当たりがあるなら

即刻手放した方がいい

と私は思います。

 

 

色々書いてきましたが・・

最初のケースに戻って

 

がんが根治するかどうかに関わらず、

がんを心の面で克服している人って

このパターンかなって私は思うんです。

 

その人なりの、

その状況なりの

夢や望みに向かって

進んでいる状態。

 

落ち込む時もあるし、

重荷に感じることがある。

だけど、病にむきあい、

生きることに真剣に向き合ううちに

いつかこの状態に到達できると

私は信じているんです。

 

今日も読んでいただいて、

ありがとうございました。

無料メール講座

ライフ・アート・レッスンのエッセンス
をギュッと凝縮したメール講座です。

心のゆとりを手に入れませんか?
メール講座でヒントをお届けしています
御登録はこちら!

『 深くて温かくて、励まされます』
『 言葉では伝えられないけれど何かが変容しました』
『毎日眠る前にマインドフルネスの動画をみています。涙が流れる時もあります。』
『キャンサーサバイバー以外の方でも大事なことだと思います。』

などのご感想をいただいています。

虹癌になる前よりも もっと幸せになる ラブラブ

御登録いただきましたら、私にメールで繋がることができます。
無料メール相談も受け付けています!

 

体験セッション

心の重荷を下ろしませんか?

>>メールフォームでのお申込みはこちらから

>>お電話でのお申込みはこちらから

>>メールでのお問い合わせはこちらから