がんの不安から解放

がん宣告は衝撃の体験ですよね。

治療が始まっても、
これから自分がどうなるか不安がよぎり
心が揺れ動くことは多いですよね。

そんな時、
内側の想いを話せる場所があることは
あなたの助けになると思います。

あなたは一人ではありません

もしあなたが孤独で頑張っておられるなら
一度お話ししてみませんか?

話すことで内側が整理され、
不安も軽くなっていくはずです

>>無料メール講座のお申込み
心のゆとりを手に入れませんか?
メール講座でヒントをお届けします。

↓クリック

*セラピストのコラム*
がんになって不安なときに
ためしてみて欲しいこと

これからの先が見えず
どうにも心細い時

家族や友人ががんになって
助けたいけれど
何もできず、もどかしい気持ちでいるとき

試してみて欲しいことがあります。

>続きはこちらから読めます。

生きがい
自分らしく生きよう!!

がんになって価値観が変わる方は多いです。

がんは、命に終わりがあることを実感させ
おのずと自分に向き合わざるを得なくなる
からかもしれません。

けれど
『これからどのように生きたいですか?』
と尋ねられたら、
あなたは『うーん・・』と
考えてしまうかもしれませんね。

もしあなたが、
これからの人生について
向き合ってみたいと思われるなら、
是非お手伝いさせて下さい。

私自身ががんになって、
さまよいながら見つけた
人生を変容させる方法

あなたにも体験していただきたいです。

>>お試しセッションのお申し込み

>>無料メール講座のお申込み
本当はもっと
笑顔でみずみずしく生きたい!

変容の一歩にメール講座ご利用下さい
↓クリック

*セラピストのコラム*
がん経過観察の不安な時期に
やってみてほしいこと

告知された直後は
驚いて、気持ちが動転する人が
ほとんどだと思います。

私は告知の後、病院から出て、
ショッピングセンターのベンチに
呆然と腰かけたのですが・・・

>続きはこちらから読めます。

 

がんになる前から
生き辛かった・・

私はがんになる以前、
生き辛さを抱えていました。
休むと罪悪感を感じる
ワーカホリックだったんです。

だから私はがんになった時、
実はホッとしたんですよね。

これで休むことができるって。

 

私は35歳でがんを体験しましたが、
その原因は心にあったと思っています。

私の思考のクセ
人間関係ストレスをため込むことが
私を苦しめていました。

そんなこともあって、私は
心理セラピーに興味をもったんです。

*セラピストのコラム*
がんは心の病気

がんは【心の病気】と言われたら・・
どう思いますか?

 

 

 

>続きはこちらから読めます。

『セラピーって何するの?』

実は、私も『セラピーって何するの?』
って思っていました。

セラピーって心の旅です。

実際にセラピーを体験してみると
想像とは全く違っていました。
面白く好奇心をそそられたんです

絵を描いたり、
イメージを五感で味わったり
マインドフルネスで対話したり・・

気付いていなかった内面の発見。ワクワク。

そして日常にも自然に変化が起こり始めて
驚きの連続でした。

セラピーの場も大好きになりました
セラピストとクライアントが
一緒に創る空気がそこにあるからです。

医者と患者のような
どちらか一方が上の関係性ではないのです。

日本ではまだまだ少ないセラピー。
でも、全ての人役に立つ ものです。

あなたも心の旅に出かけませんか?

>>お試しセッションのお申し込み

>>無料メール講座のお申込み
体の治療だけで安心ですか?
心にも取り組みたいあなたに、
メール講座がきっとお役に立ちます!
↓クリック

*セラピストのコラム*
病を治すこと【だけ】を目的とすると苦しいんじゃないか?

がんになって病院に罹ると
ステージが浅い場合は、
がんを治すことを目的に治療が始まります。

そして、残念ながら再発転移した場合
今の西洋医学の立場では
そこから治療の目的は切り替わります
QOLを保ち、延命するための治療です。

私は以前からずっと、この切れ目に、
違和感を 感じてきました。

>続きはこちらから読めます。

>>無料メール講座のお申込み

大丈夫!
もっと心が満たされる
メール講座で体験談お伝えしています!

↓クリック